HOME > 研究にご参加の皆様へ

研究にご参加の皆様へ

久山町における生活習慣病の疫学調査

1.久山町における疫学調査(久山町研究)について

福岡県久山町と九州大学では、56年以上にわたり脳卒中・心疾患・がん・高血圧・糖尿病・認知症などの生活習慣病の原因究明と予防に努めてまいりました。この健康管理のあり方は「ひさやま方式」と呼ばれ、国内外の高い評価を受けています。「ひさやま方式」の健康管理とは、健診を受けられた方々の追跡調査や不幸にして亡くなられた方の剖検のデータを集め、それを徹底的に調べて生活習慣病の原因や予防法を明らかにし(疫学調査)、その情報をまた健診の場で住民の皆様にお返しして健康管理に役立てる久山町独自の方法です。

今回の研究の実施にあたっては、九州大学医系地区部局臨床研究倫理審査委員会の審査を経て、研究機関の長より許可を受けています。この研究が許可されている期間は、2022年10月31日までですが、将来にわたって研究を継続する際には改めて倫理審査を受け、研究期間を延長する予定です。

2.研究の目的や意義について

この疫学調査の目的は、脳卒中・心疾患・がん・高血圧・糖尿病・認知症などの生活習慣病の原因や予防法を明らかにすることです。具体的には、久山町の健診を受診された方が、どのような病気を持っておられるかを調査し、さらに将来、不幸にして病気になられた際にはどのような病気が生じたのかについて追跡調査を行います。これらの情報を組み合わせて検討することにより、生活習慣病の原因を突きとめ、その予防法を明らかにし、久山町の住民の皆様のみならず日本国民全体の健康に寄与することを目指しています。

3.研究の対象者について

福岡県久山町で毎年実施している生活習慣病予防健診および5〜7年ごとに実施している高齢者調査(脳ドック検診)を受診された住民の皆様全員を対象とします。研究の対象者となることを希望されない方(またはご家族など代理人の方)は、研究事務局までご連絡ください。

4.研究の方法について

この研究では、生活習慣病予防健診および高齢者調査(脳ドック検診)で実施する全ての検査・診察・アンケートで得られる情報を利用します。また、同意が得られた場合には、健診で収集した生体試料(血液・尿)の一部を保存し、研究のために活用します。さらに、病気になられた際には医療機関から診療記録、検査データを取り寄せ、どのような病気が生じたのかについて調査します。必要に応じて法律上の手続きに則って、各市区町村へ住民票照会を行い、現住所および健康状態について確認させていただく場合があります。不幸にしてお亡くなりになった場合には、ご遺族の承諾を得て剖検を実施させていただく場合があります。以上の情報を組み合わせて検討することにより、生活習慣病の原因を突きとめ、その予防法を明らかにする研究を行います。

〔生活習慣病予防健診・高齢者調査で取得する情報〕
年齢、性別、身体測定、血液検査、糖負荷検査、尿検査、心電図、血圧測定、肺機能検査、眼科検査、歯科検査、運動機能検査、各種アンケート(既往歴、生活歴、家族歴、服薬調査、食事調査、運動調査、認知機能調査、ストレスチェック)など
〔追跡調査で取得する情報〕
主な生活習慣病(脳卒中・心疾患・がん・認知症)および死亡に関する医療機関の診療記録、検査データ,剖検記録
多施設共同研究について

久山町研究では、収集した情報を共同研究機関に送付し、他の研究機関が収集した情報と統合して解析する共同研究(統合研究)を行っています(2017年7月現在)。

〔久山町研究が健診結果などの情報を提供している(またはその予定の)共同研究機関〕
  • 中村学園大学短期大学部
  • 国立循環器病研究センター
  • 東京大学
  • 滋賀医科大学
  • メルボルン大学(オーストラリア)
  • 慶応義塾大学
  • 金沢大学
  • Imperial College(イギリス)
  • 東京医科歯科大学
  • 鹿児島大学
  • 弘前大学
  • 東京医科大学

また、2002年,2007年の生活習慣病予防健診で収集した試料(血液・尿)を他の研究機関に送付して詳しい分析を行い、病気の原因や診断法を解明するための共同研究を行っています(2017年7月現在)。

〔久山町研究が血液・尿などの試料を提供している(またはその予定の)共同研究機関〕
  • 神戸大学
  • シスメックス株式会社
  • 株式会社久留米リサーチ・パーク
  • 国立病院機構京都医療センター
  • サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社
  • サントリー食品インターナショナル株式会社

共同研究機関が追加となる場合には改めて倫理審査を受け、ホームページにてお知らせします。なお、他の機関への試料・情報の送付を希望されない場合は送付を停止いたしますので、研究事務局までご連絡ください。

5.個人情報の取扱いについて

研究対象者の試料(血液・尿)および臨床情報をこの研究に使用する際には、研究対象者のお名前の代わりに研究用の番号を付けて取り扱います(匿名化)。研究対象者と研究用の番号を結びつける対応表のファイルにはパスワードを設定し、久山町ヘルスC&Cセンター内のインターネットに接続できないパソコンに保存します。このパソコンが設置されている部屋は、九州大学大学院医学研究院・衛生・公衆衛生学分野の職員によって入室が管理されており、第三者が立ち入ることはできません。

この研究によって取得した情報は、九州大学大学院医学研究院・衛生・公衆衛生学分野・教授・二宮利治の責任の下、厳重な管理を行います。研究対象者の試料(血液・尿)および臨床情報を他の共同研究機関へ送付する際には、九州大学にて匿名化を実施した後に行いますので、研究対象者を特定できる情報が外部に送られることはありません。また、この研究の成果を発表したり、それを元に特許等の申請をしたりする場合にも、研究対象者が特定できる情報を使用することはありません。

6.試料や情報の保管等について

この研究において得られた研究対象者の試料(血液・尿)・情報等は、原則としてこの研究のためのみに使用します。久山町研究は将来にわたって継続して実施する予定ですので、現時点では試料・情報を廃棄する予定はありません。ただし、久山町研究が終了となる場合には、研究責任者(九州大学大学院医学研究院・衛生・公衆衛生学分野・教授・二宮利治)の責任の下、試料は5年間、情報は10年間保存した後、研究用の番号等を消去し、廃棄します。

この研究で得られた研究対象者の試料や情報は、将来計画・実施される別の医学研究にとっても大変貴重なものとなる可能性があります。そこで、前述の期間を超えて保管し、将来新たに計画・実施される医学研究にも使用させていただきたいと考えています。その研究を行う場合には、改めてその研究計画を倫理審査委員会において審査し、承認された後に行います。

7.研究に関する情報や個人情報の開示について

この研究に参加してくださった方々の個人情報の保護や、この研究の独創性の確保に支障がない範囲で、この研究の研究計画書や研究の方法に関する資料をご覧いただくことができます。資料の閲覧を希望される方は、ご連絡ください。また、ご本人等からの求めに応じて、保有する個人情報を開示します。情報の開示を希望される方は、ご連絡ください。

8.研究の実施体制について

この研究は以下の体制で実施します(2017年7月現在)。変更となる場合には改めて倫理審査を受け、ホームページにてお知らせします。

研究実施場所(分野名等) 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野 久山町ヘルスC&Cセンター
研究責任者 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野教授二宮利治
研究分担者
九州大学大学院医学研究院 病態機能内科学 教授
北園 孝成
九州大学大学院医学研究院 神経病理学 教授
岩城 徹
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学 教授
小田 義直
九州大学大学院医学研究院 眼科学 教授
園田 康平
九州大学大学院医学研究院 精神病態医学 教授
神庭 重信
九州大学大学院歯学研究院 口腔予防医学 教授
山下 喜久
九州大学大学院医学研究院 胸部疾患研究施設 教授
中西 洋一
九州大学基幹教育院 学修・健康支援開発部 教授
熊谷 秋三
九州大学大学院医学研究院 心身医学 教授
須藤 信行
九州大学大学院医学研究院 循環器内科学 教授
筒井 裕之
九州大学病院 睡眠時無呼吸センター特任 教授
安藤 眞一
共同研究施設 及び 試料・情報の 提供のみ行う 施設
施設名 研究責任者の職名・氏名 役割
@福岡県糟屋郡久山町 町長 久芳 菊司 健診の実施・研究支援
A公益社団法人久山生活習慣病研究所 代表理事 清原 裕 研究支援
B中村学園大学短期大学部食物栄養学科 准教授 内田 和宏 情報収集・解析
C東京大学医学部附属病院糖尿病代謝内科 教授 門脇 孝 解析
D国立循環器病研究センター動脈硬化代謝内科 部長 吉政 康直 解析
E滋賀医科大学アジア疫学研究センター 特任教授 上島 弘嗣 解析
Fメルボルン大学眼科学 教授 Tien Yin Wong 解析
G慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学 教授 岡村 智教 解析
H金沢大学附属病院腎臓内科 教授 和田 骼u 解析
I英国Imperial College臨床薬理学 教授 Peter Sever 解析
J東京医科歯科大学眼科学 教授 大野 京子 解析
K鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科 教授 井上 博雅 解析
L弘前大学大学院医学研究科循環器腎臓内科学 教授 奥村 謙 解析
M東京医科大学循環器内科 教授 山科 章 解析
N神戸大学大学院医学研究科循環器内科学 教授 平田 健一 解析
Oシスメックス株式会社中央研究所 所長 吉田 智一 解析
P株式会社久留米リサーチ・パーク 代表取締役社長 石丸 茂夫 研究支援
Q国立病院機構京都医療センター
臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部
部長 浅原 哲子 解析
Rサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社 事業責任者 福井 宣之 解析
Sサントリー食品インターナショナル株式会社 事業責任者 沖中 直人 解析

9.相談窓口について

この研究に関してご質問や相談等ある場合は、事務局までご連絡ください。

事務局
(相談窓口)
担当者:九州大学大学院医学研究院 衛生・公衆衛生学分野 教授 二宮 利治
連絡先:〔TEL〕092-642-6151 〔FAX〕092-642-4854
メールアドレス:info_eph@eph.med.kyushu-u.ac.jp
ページの上へ